TOPIC

2008年07月24日



「きざし × 立教大学 佐々木ゼミ プロジェクト報告会」を
今年も開催しました

7月17日、昨年7月に開催して好評をいただいたきざしカンパニーと立教大学佐々木ゼミの共同プロジェクトの報告会が、今年もに立教大学において行われました。

このプロジェクトは、立教大学佐々木ゼミの3年生の皆さんが『ブログクチコミサーチ BY kizasi』を活用して、「ブログの口コミ情報をデータソースとしたマーケティングリサーチを行う」というものです。

従来のリサーチとは異なり、まだ分析手法がそれぼど確立されていない領域ですが、逆にそれが学生ならではの柔軟な視点とあいまって、興味深い結果を導き出しました。

この日、5つのグループから発表されたテーマは次の通りです。

「ブログから読み取る!テレビドラマ視聴率の裏側」
「冬に日焼け止めは売れるか?−季節商品の新しい市場開拓の可能性−」
「キャノン対ニコン:ブログにみる一眼レフデジタルカメラのブランド意識の相違 −ブログデータのテキストマイニングへの展開−」
「リアルタイムに変化していく購買要因をブログで読み解く −ビール市場のケース−」
「ポッキーとアイスクリーム:ブログにみる記念日の社会普及過程」

昨年のメンバーも予想を超えて優秀でしたが、今年も負けておらず、テーマ・内容・資料の体裁・プレゼンテーションどれをとっても各グループそれぞれがハイレベルで、ブログデータを使ったマーケティング・リサーチの新たな可能性を感じられる報告会となりました。

今後もきざしカンパニーでは、マーケティングを学ぶ学生との取り組みを継続していく予定です。