NEWS LETTER

2009年07月01日


株式会社きざしカンパニー


きざしカンパニー、ターゲットとなるブロガーグループのクチコミを詳細に把握する
サイコグラフィック属性の視点を取り入れた新たなブログ分析手法を確立

きざしカンパニーでは、これまで蓄積したブログ解析ノウハウを活用し、そのグループの行動特性を解析・分析する独自のブログ分析手法を確立しました。

■ 背景

これまで、企業が消費者行動を把握する手段としては、性別・年齢・居住地などのデモグラフィック属性を基に分析を行うのが主流でした。しかし現代社会では、消費者の生活スタイル・趣味・価値観などの多様化から、新たな切り口として、消費者の心理・趣味・趣向などのサイコグラフィック属性を基にした分析のニーズが増えてきています。そこできざしカンパニーでは、ブログ分析にサイコグラフィック属性の視点を取り入れた新たな手法「セグメント分析」を確立しました。

■ 「セグメント分析」概要

従来のブログ分析では、一般ブロガー全員のブログ記事を分析対象としていましたが、特定のコトバをある条件(頻度・期間・更新タイミングなど)の基に書き込んでいるブロガーのみを抽出・グルーピングし、その特定グループのブロガーが書いたブログ記事のみを分析することで、ファンやマニア、アーリーアダプターなどの声のみを抽出することが可能となりました。

また、特定グループ以外のブロガーと比較することで、そのグループの特性を把握することも可能です。


(分析例)

1. 特定商品を詳しく頻繁に書いているブロガーは、その商品のコアなファンであると仮定できます。

  → ロイヤルユーザーの声を把握することができます。

2. 商品発売初期に購入しているブロガーは、アーリーアダプターと仮定できます。

  → アーリーアダプターの商品への反応をいち早く知ることができます。

3. キャンペーンに反応したブロガーをグルーピングできます。

  → そのブロガーは後に商品を購入したか?元々興味があったのか?など、プロモーションの効果測定が可能です。

4. 一般ブロガーとの比較や、2つ以上のブロガーグループを比較できます。

  → グループ毎のライフスタイルなど、行動特性を比較分析することもできます。

■ 「きざしレポーティングサービス」にてメニュー化 ―大手メーカーも採用― 
・パッケージとしてメニュー化、価格は35万円から 

「セグメント分析」はこれまで、ターゲットに向けたメッセージ訴求・新たなニーズの発掘・ブランドポジションのあぶり出し・ブランドスイッチの時期や要因の把握などを狙う大手メーカー様を中心に個別対応として行ってまいりました。その結果、従来のリサーチやアンケートにはないデータが取得できるとの高い評価をいただき、更なるニーズが認められたことを受け、このたび広く多くの企業様にご利用いただけるよう、パッケージとしてメニュー化しました。

詳しくはこちら → http://biz.kizasi.jp/reporting/

・他社とのサービス連携も積極的に展開を予定

コミュニケーションプランを提示している広告代理店、ネットリサーチ企業とのサービス連携を進行中です。